大人のおねしょと治療法

幼児期のおねしょと違って、幼児期を過ぎてもしてしまうおねしょのことは、夜尿症といってある種の症状のような呼ばれ方をします。

病気の症状のような呼び方であるということは、幼児期を過ぎたおねしょというのは、なんらかの治療法を受けた方がいいのでしょうか?

通常おねしょというのは、自然にしておけば小学校に上がる前までには治まるものですが、中には小学校すぎても中には大人になっても、おねしょをしてしまうという方もいます。

ここまでおねしょが続くということは、完全な夜尿症であることは間違いありませんが、実はおねしょも自然と治まっていくものですが、夜尿症も自然と治まっていくものなのです。

さらに夜尿症になっても特に困るということはなく、せいぜい合宿や旅行など泊りがあるようような事が心配ということくらいなのです。

ではやはり夜尿症というのは、治療しないで放置しておけばいいのでしょうか。

実は夜尿症の治療は、さほど難しいものではありません。

具体的に夜尿症の治療というのは、例えば飲み薬であったり、下着に夜尿症が出てしまいそうになったらアラームがなるようにセットする夜尿症アラームであったり、あとは心理的な方面から解決を図っていく方法などがあります。

しかもお薬もいくつか種類があって、自分自身に合ったお薬が処方されるのです。

このように考えると夜尿症で苦しむくらいであれば、治療を受けた方が早く安心して寝られるようになるのではないでしょうか。

◆関連ページ:子どもの「おねしょ」にまつわる疑問をすっきり解決